新 着 記 事

マインクラフトおすすめゲーミングノートPC【ポイント解説&選び方・ランキング】

こんにちは!
ゲーミングデバイスレビューワーのぱぶまるです。

これまで数十機種のゲーミングPCやデバイスをレビューしてきた経験とヘビーゲーマーとしての感覚をもとに、失敗はしないゲーミングデバイス選びをお手伝いしています。

今回は大人気ゲームのマインクラフトを快適にプレイするためのおすすめPCと選び方を紹介します。

老若男女問わず、全世界で遊ばれている超有名タイトルですね!

結論から言うとメーカーはガレリアがおすすめです!
スペックのわりに価格が安く、マインクラフト同梱モデルが多いのですぐに遊べますよ!

マインクラフトとは



全世界で最も売れているゲームタイトルでPC版以外にもxboxやPS4,Nintendo Switchなどコンソール機の他iphoneやAndroidスマホでもプレイ可能で、子供からお年寄りまで幅広いユーザーを抱えているゲームです。
現在はMicrosoftが販売制作しており、ユーザーによるワールドやスキンなども展開され、楽しみ方の幅もかなり広いです。
ゲームストリーミングプラットフォームのTwitchでは4~5万人の視聴者がおり、長い期間愛されているタイトルです。

MODやRTXベータでより楽しめる

JAVA版ではMODと呼ばれる拡張機能が使え、公式以外で展開されているワールドやスキン、機能が使えます。
MODの世界ではテクスチャやゲーム性も多様で、PvP(対人戦)やRPGのような世界も多数あります。
最近ではWindows版にNvidiaと共同開発したRTX対応ベータを展開しており、光の反射や影の表現などが大幅に向上しています。

必要スペック

このくらいあるといいな、というスペックと理由を書いていきます。

推奨スペック
・CPU:Intel Corei5、AMD Ryzen5以上
・GPU:GeforceGTX1050以上(RTXシリーズがおすすめ)
・メモリ:8GB以上
・リフレッシュレート:60Hz以上

CPU

そこまで高性能なCPUは求められませんがIntelであればCorei5、AMDであればRyzen5以上が望ましいです。
重めもMODや大規模建築、自動製造機などやりこんでいくうちに動作がカクついてくるので、あまり低いスペックのPCはおすすめしませんが、
ライトにプレイするなら下位グレードのCPUでも十分プレイ可能です。

GPU

こちらもエントリークラスのGeForceGTX1050やそれ以下のものでも十分動作可能ですが、例えば影MODやWindows版RTXベータを使用したい場合はRTXシリーズのGPUがおすすめ!
また、大規模建築や自動製造機などを作ったり、MOBをたくさん集めるなどの動作ではエントリークラスのGPUで処理が追い付かなくなりカクツキが起こるので、やりこむほどにある程度のスペックが求められます。

せっかく作りこんだ世界を楽しむのであればRTX2060~2070あたりの性能が欲しいですね!

マインクラフトおすすめゲーミングノートPCランキング

1位:GALLERIA GCR2070RGF-QC


おすすめポイント
・マグネシウム合金のスタイリッシュボディ
・2kgを切る最軽量ゲーミングノート
・GPUのRTXシリーズは影MODやRTXベータでグラフィックの大幅向上
・144Hz高リフレッシュレート
・10時間バッテリー駆動
・スペック比での圧倒的コスパ
・マインクラフト同梱版

スペック

製品名 GALLERIA GCR2070RGF-QC
CPU Core i7-9750H(2.60GHz)
GPU NVIDIA GeForce RTX2070(Max-Q)
液晶 15.6インチ(非光沢)
解像度 フルHD(1920 x 1080)
メモリ 16GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
リフレッシュレート 144Hz
端子 USB3.1 Type-C(Thunderbolt3対応)、USB3.1 Gen2 x 1、Gen1 x 2 /マイク入力 x 1、ヘッドフォン出力 x 1、HDMI x 1
無線LAN Intel Wi-Fi 6 AX200NGW (IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n 2x2 Max2.4Gbps)
バッテリー 10時間
質量 1.87kg

キーボードもRGB対応でカスタマイズの自由度が高く、トラックパッドも広いので編集作業などもかなりしやすいです!
下位グレードはコスパがさらにUP!
GPUのRTXにこだわりがなければGPUが1つ下位グレードのGTX1660Tiになっているモデルがおすすめ!
15万を切る高コスパで外装やディスプレイなどは同じなので、価格がネックになる方はこちらが良いです。
欠点ないの?
唯一上げるとすればキーボードの配置です。通常は一番右側にbackspaceやenterキーが来ますが、こちらのモデルはinsertやdeleteキーがその右側にあるので慣れないうちはミスタイプするかもしれないです。

公式サイトはこちら


2位:GALLERIA GCR1650GF7

おすすめポイント
・10万円以内の超コスパ
・ゲーミングノートPCながら2kgの軽量&薄型ボディ
・ターボモードによる快適なゲーム性能
・外でも使いやすいシンプルでフラットな外装
・マインクラフト同梱版

スペック

製品名 GALLERIA GCR1650GF7
CPU Core i7-9750H(2.60GHz)
GPU NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB + インテル UHDグラフィックス630
液晶 15.6インチ(非光沢)
解像度 フルHD(1920 x 1080)
メモリ 8GB(拡張可能:最大32GB)
ストレージ 500GB NVMe SSD
リフレッシュレート 60Hz
端子 ギガビットLANポート , USB2.0 x1/ USB3.1 Type-A x2, Type-C x1/ マイク入力 x1, ヘッドフォン出力 x1 /HDMI x1 / miniDP x2
無線LAN Intel Wi-Fi 6 AX200NGW (IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n 2x2 Max2.4Gbps)
バッテリー 5.8時間
質量 2.03kg

ロゴすらないシンプルでフラットな形状は他製品にあまりないので、デザインで選んでも良いですね!
欠点ないの?
価格からしたら仕方ないのですが、リフレッシュレートが60Hzなことです。素早い視点移動などではディスプレイの描写性能が多少低いので画面酔いするかもしれません。マインクラフトは問題ないですが、アクションやFPSジャンルもやりたい方は外付けの高リフレッシュレートモニタなどをつなぐと良いですね。

公式サイトはこちら


3位:GALLERIA GCR2070RNF-E

おすすめポイント
・折り紙付きの高性能と操作性で快適なゲームプレイが可能
・SteelSeries製のキーボード搭載
・17インチでノートながら迫力や臨場感も楽しめる
・リフレッシュレートは144Hz
・マイクラ以外にもアクションやFPSジャンルをプレイする方もOK

スペック

製品名 GALLERIA GCR2070RNF-E
CPU Core i7-9750H(2.60GHz)
GPU NVIDIA GeForce RTX 2070 GDDR6 8GB + インテル UHDグラフィックス630
液晶 17.3インチ(非光沢)
解像度 フルHD(1920 x 1080)
メモリ 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3200MB/s, 書込速度 2000MB/s)
リフレッシュレート 144Hz
端子 ギガビットLANポート , USB3.2 Gen2 Type-C×1,USB3.1 Gen2 Type-A×1,USB3.1 Gen1 Type-A×2,HDMI×1,miniDisplayPort×1
マイク入力端子×1 , ヘッドフォン出力端子×1 (3.5mm Audio Jack)
無線LAN Intel Wi-Fi 6 AX200NGW (IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n 2x2 Max2.4Gbps)
バッテリー 4.8時間
質量 2.7kg

ゲーミングデバイスメーカーとして有名なSteelSeriesが監修しているキーボードは配置や打鍵間も良く、ソフトでRGBやキーバインドなど自由にカスタマイズできます!ここまでこだわられた製品は他にあまりなく、そのまま使える1台でおすすめ!
欠点ないの?
17インチゲーミングノートPCとしてはかなりバランスよくまとまっていて、強いて言えば高負荷時のファン音です。重い動作時には内部を冷やすためにファンが回りますが、他メーカー製品より若干大きいと思います。ヘッドセットやイヤホンなどしていれば特に気にはなりませんが、スピーカー時には少し気になります。

公式サイトはこちら


まとめ

比較的低スペックでも動かせるのでコスパの良いPCを選んでも良いですし、高スペックPCではその性能を十分発揮できるというのも良いですね!

記事を読まれた方が快適で楽しいゲームライフを送れるようになれば幸いです。

ヒトコト
コメントやTwitterDMで質問いただければ、使用感などお答えします!
気になることがある方はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です